歯周病はどんな症状?治療法・予防法は?

歯周病はどんな症状?治療法・予防法は?

✔︎歯周病はどんな病気?どんな症状?

歯周病は、歯垢(プラーク)の中の細菌によって、
歯を支えている周りの組織が破壊されていく病気です。

歯と歯茎の間に繁殖した歯周病菌と体の免疫反応の
バランスが崩れた時に発症します。

実は歯周病菌は、ほとんどの方のお口の中にいる常在菌です。
歯周病菌は普段悪さをしなくても、お口の中の清掃が不良になったり、
病気や喫煙等の生活習慣により、歯の周りを支えている歯周組織を
攻撃し破壊してしまうことがあります。

以下の症状が当てはまる方は、一度、歯科医院で検診受けることを
おすすめします。

・歯みがきの時に出血する。
・歯茎がムズムズする、痛い。
・歯茎が赤くはれている。
・口臭が気になる。
・朝、起きた時に口の中がネバネバする。
・歯茎が下がってきた気がする。
・歯がしみる。
・歯と歯の隙間が大きくなってきた。
・歯がグラグラする。

✔︎歯周病になりやすい条件

歯周病は次の条件が重なると進行しやすいと言われています。

・喫煙
・不規則な食生活
・不適合な被せ物
・歯ぎしり、食いしばり
・全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症etc)
・ストレス

✔︎歯周病の治療法は?

歯茎の炎症に限局した歯肉炎の場合、毎日のブラッシングの改善と
歯科医院で歯石やプラークの除去を行うことで、歯茎の炎症はおさまります。

歯槽骨が破壊され歯周ポケットが形成された歯周炎の場合、
進行状態に応じて以下の治療法を行います。

①スケーリング・ルートプレーニング(SRP)
歯周ポケット内の歯石やプラーク、不良肉芽 (歯周病の治癒を阻害する悪玉の肉芽)
を取り除き、歯の根を滑沢なつるつるの面に仕上げる処置を行います。

②歯周ポケット掻爬術(キュレッタージ)
歯周ポケットに面する歯肉の炎症部分 (上皮と炎症が強い結合組織) を
掻爬(そうは)し除去する方法で、基本的にSRPと同時に行います。
掻爬後の健康歯肉と歯根面との付着により、歯周ポケットを浅くする
ことができます。

③歯周外科・歯周組織再生療法
SRPやキュレッタージ等の処置で改善が期待できない重度の歯周病の場合、
歯周外科処置を行うこともあります。

(1)フラップ手術 (歯肉剥離掻爬手術)
歯肉を剥離し患部を直視しながら、炎症性肉芽組織の除去、
深部のスケーリング、ルートプレーニング、歯槽骨の形態修正、
骨移植、組織の再生誘導を行います。

(2)組織再生誘導療法 (GTR法、エムドゲイン)
歯周病で失われた骨を再生させるための治療法です。
フラップ手術と併せて行います。

④光殺菌療法
歯と歯茎の間の隙間が深くなった部分(歯周ポケット)に薬剤を流しこみ、
そこに光をあてます。光をあてることで化学反応を起こし、活性酸素が
発生、細菌を死滅させます。従来の歯周病治療に加え、追加で行います。

✔︎歯周病予防のためにできること

歯周病予防のためにできることは非常にシンプルです。

・毎日のセルフケア
・専門家による定期検診・メンテナンス
・バランスのとれた食生活
・適度な運動
・十分な睡眠
※規則正しい生活習慣が重要です。

毎日のセルフケアでは、特に歯と歯の間、歯と歯茎の境目の
プラークをしっかりと落とすことが大切です。

1日1回丁寧に歯を磨く時間を作り、歯間ブラシやフロスを
併用することをおすすめします。

歯周病は、歯茎の炎症が収まったり、歯周ポケットが
改善されたりしても、再発するリスクのある病気です。

再発を防ぐために、治療後も油断せずにセルフケアと
プロフェッショナルケアを並行していく必要があります。

なぜならお口の中の細菌を全て殺すのは不可能であり、
お口の歯周病菌を減らすことはできても、ゼロにする
のは難しいからです。

また歯周病は糖尿病、肥満症、高脂血症、高血圧症、
大腸がんと並んで、生活習慣病の1つとされています。

お口の中の状態をきれいに保ち、健康的な生活習慣を
できる限り維持して、歯周病菌が悪さをしないような
状態を作っていくことがポイントです。

歯周病は様々な全身疾患とも相互に関係性があることが
わかっており、お口を歯周病から守ることは全身の健康
維持へもつながります。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談