歯の神経をとった歯根だけの歯は残せるの?歯の土台(コア)の種類には、どんなものがあるの?

歯の神経をとった歯根だけの歯は残せるの?歯の土台(コア)の種類にはどんなものがあるの?

むし歯が進行した歯は、歯の根っこ (歯根) だけになってしまう場合があります。(写真真ん中2本)

このような状態になりますと、歯根に土台をたてても、土台から抜けてしまうリスクが出てきます。
写真中央2本の歯根だけの歯は、同じように見えますが、向かって左の歯は、ほんの僅かですが、歯の壁が残っています。僅か2mmのこの壁があるだけで、土台の回転が防げ、土台の脱落を防ぎます(フェルール効果)。この2mmの壁があるかないか、治療後の安定に大きな影響を及ぼします。

次に歯の土台(コア)の種類について見ていきましょう。

向かって右側の金属が日本でよく使われているパラジウムあるいは銀です。この材料は、歯ぐきが黒ずみますし、何もいいところはありません。当院では一度も使っておりません。
その隣は、ファイバーコアと呼ばれているものです。この材料は、即日作製できるメリットがあり、当院でもよく利用しますが、既述したフェルール効果のない歯に用いると、根の途中で折れてしまうことがあり、その後の治療に苦慮します

左の材料はゴールドコアで、ファイバーコアを使用する以前は、常時使用しておりました。最近、使用頻度はめっきり減りましたが、フェルール効果のない歯には、ファイバーよりこちらを好んで使用しています。

このような根っこだけの歯を保存するには、しっかりとした根管治療、適切な土台(コア)、クラウン(差し歯)作製が必要ですが、当院では多くの歯を救っております。

進行したむし歯もあきらめず、当院で治療していきましょう。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談