歯のホワイトニングとクリーニングはどう違う?

歯のホワイトニングとクリーニングはどう違う?

普段からご質問の多い「ホワイトニングとクリーニングはどう違うのか」
について解説していきます。

✔︎歯のクリーニングとは?

クリーニングは、歯の表面に付着した歯垢(プラーク)、歯石、
お茶やお酒、タバコ等による着色を、専用の器具・機械を使って
取り除くことを指します。

クリーニングで外因性の着色や歯垢、歯石を取り除くことで、
歯本来のツヤや光沢、明るさがあらわれ、クリーニング前よりも
歯が明るくなったと感じる方もいらっしゃいます。

普段のブラッシングでは落とせていないバイオフィルム
(細菌のかたまり)を定期的に取り除くことにより、虫歯予防と
歯周病予防につながります。

✔︎歯のホワイトニングとは?

ホワイトニングは、専用の薬剤(過酸化水素や過酸化尿素)を使い
歯の内側の着色物質を分解し、歯本来の色を明るくすることを指します。

効果には個人差がありますが、1回のオフィスホワイトニングの施術で
色のガイドを基準に3〜4段階明るさが増す方が大半です。

はじめてオフィスホワイトニングをされる方は、2回以上行った方が
より白く長持ちします。

注意点として、かぶせ物、部分的なつめ物は、色が変化しません。
また神経のない歯やテトラサイクリン歯、グレー系の歯は、色の変化が
少ない場合があります。

✔︎歯のクリーニングとホワイトニングの違いは?

クリーニングは、おもに歯に付いた外因性(飲食物やタバコ)の着色を
取り除くことで、歯本来の色がきれいにあらわれます。

またバイオフィルム(細菌の塊)を取り除く為、定期的に行うと虫歯と
歯周病予防にも効果的です。

ホワイトニングは、専用の薬剤によって歯の内因性の着色部分を分解し、
歯本来の色を明るく白くします。


(ビヨンド社 パンフレットより)

個人差はありますが、日常のむお茶やお酒などで再着色することがあります。
そのためオフィスホワイトニングで歯をしっかり白くした後に、定期的な
クリーニングやホームホワイトニングもあわせて行うことをおすすめします。

✔︎クリーニングはこんな人におすすめ

虫歯と歯周病を予防して、生涯自分の歯でおいしく食べたい方
治療がすべて終わり、今の問題ないお口の状態を維持したい方
お茶やお酒による着色(ステイン)を取り除いて、清潔感のある口元を維持したい方
口臭が気になる方
タバコを吸う方
歯磨きやフロスで出血する方

✔︎ホワイトニングはこんな人におすすめ

もともとのご自身の歯の色よりさらに明るく白くしたい方
人前に出る職業の方
結婚式を控えている方
何才になっても口元を若々しく保ちたい方

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談