インフルエンザと歯周病の関係

インフルエンザと歯周病の関係

歯周病の原因となる歯周病菌は、インフルエンザが粘膜に侵入するのを助ける酵素を出すことがわかっています。つまり、お口の中の清掃状態が悪い方は、インフルエンザにかかりやすくなるわけです。

事実、定期的に口腔ケアを受けている方と、そうでない方では、インフルエンザの発症率に大きな差がでています。

口腔内を清潔に保ち、細菌数を減らしておくことは、新型コロナウイルスを含めたウイルス性疾患の予防につながっていくのです。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談