1日の砂糖の摂取量はどれくらい?

1日の砂糖の摂取量はどれくらい?

1日に砂糖をどれ位とっているか意識したことはありますか?

世界保健機構(WHO)によると、大人1日あたりの砂糖の摂取量は25gまでが
望ましいそうです。

この数字は、糖類の摂取量が1日のエネルギー摂取量の5%以内になるよう
算出されています。

実際に25gの砂糖がどれくらいの量か想像できますか?

小さじだと約6杯分スティックシュガー3gだと約8本分になります。
これが1日の理想とされる砂糖の摂取量です。

それでは、お菓子や食品に含まれる砂糖の量をみていきましょう。

【お菓子1個(目安)に含まれる砂糖の量】
大福(70g) →  12g
ドラ焼き(100g) → 36g
チョコレート(70g)  → 28g
ショートケーキ1個(70g) → 24g
あんぱん(100g)  → 28g
アイスクリーム1個(120g) →  24g
プリン(150g)  → 22.5g
加糖ヨーグルト(120g) → 14.4g
キャンディー1個 → 4g

【飲み物に含まれる砂糖の量】
オロナミンC(120ml) → 18g
ヤクルト(65ml) → 7.5g
リポビタンD(100ml) → 18g
レッドブル エナジードリンク(250ml) → 27g
OS-1(500ml) → 12g
カルピスウォーター(500ml) → 66g
コカコーラ(500ml)  → 57g
午後の紅茶・ミルクティー(500ml) → 39g
CCレモン(500ml) → 55g
ポカリスウェット(500ml) → 33g
ファンタグレープ(500ml) → 60g

普段よく口にするお菓子や飲み物に砂糖はどれくらい入っているでしょうか?

砂糖をとりすぎると、虫歯や肥満、糖尿病などの生活習慣病の原因と
なるので、注意が必要です。

普段、甘いものをとりすぎているかもしれないと感じた方は、
できるだけ自然の素材から、適量の糖分をとることが大切です。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談