注意したい!大人の虫歯とは?

注意したい!大人の虫歯とは?

大人の虫歯はいくつもの原因が積み重なって発症します。
特に大人の虫歯では、以下の2つのタイプがよく見られます。

①過去治療した詰め物や被せ物に再度できる虫歯

過去治療した詰め物や被せ物に再度、虫歯ができる場合が
あります。

特に詰め物と歯の境目、被せ物と歯茎の境目に隙間があると
その部分にプラーク(細菌の塊)が付着し、時間の経過を経て、
ゆっくりと虫歯が進行するケースは多いです。

治療した歯がすでに神経を取った歯の場合、痛みは感じないので
自覚症状はなく、虫歯の発見が遅れることもあります。

歯の治療で大切なことの一つは、一旦治療が必要と判断されたら
精度の高い治療を受けることです。
詰め物や被せ物の精度に問題があると、せっかく歯を残すために
行った歯科治療も再度やりなす必要があり、結果的に歯の
寿命を短くすることにもなりかねません。

②歯茎が下がった所にできる根元の虫歯

加齢や歯周病、強いブラッシング圧などで歯茎が下がることがあります。
歯茎が下がると、本来、歯茎で覆われているはずの歯の根元の部分(象牙質)
が露出し、そこに虫歯ができるケースがあります。

歯の根元の部分は磨き残しができやすい箇所です。
さらに露出した根元の部分(象牙質)はエナメル質よりも柔らかく
虫歯が発症しやすい場所でもあります。
自覚症状がないと、知らないうちに虫歯が進行している場合もあり注意が必要です。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談