歯は何本必要?

歯は何本必要?

健康でいるためには栄養が必要であり、栄養を摂取するためには丈夫な歯が欠かせません。

では、歯は何本必要でしょうか?

大人の歯の数は、親知らずを含めると上下で32本ありますが、歯の数が減るほど、噛めるものが減っていきます。

タクアンやフランスパンを噛むためには18本以上の歯が、せんべいを噛むには15本程度が必要で、11本以下になると「美味しい」という感覚が衰えてしまうと言われています。

それでは、抜歯の機会が増えるのは、いつ頃からでしょう?
40歳後半から、歯周病、虫歯、破折などにより歯を失う方が増え始め、ピークは60歳後半。

神経を処置している歯は、虫歯になっても痛みを感じにくく、割れるリスクが高まっているので、特に注意が必要です。

大きな治療を受けた歯こそ、労わり、大切に使いましょう。


ご高齢の患者さんのお口の写真ですが、何でも食べれる歯がそろっています。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談