9:00~18:00(月~金)
9:00~17:00(土)
休診

医院前
駐車場
あり

医院前駐車場あり

痛くない歯の治療、無痛歯科治療は可能か?

痛くない歯の治療、無痛歯科治療は可能か?

20161007114157712

痛みのない歯の治療を行うには・・・
十分な診療時間を確保することが何より大切です!!

院長の堀内です。
大学卒業後、大学病院歯科口腔外科勤務を主としながら、色々な歯科医院での歯科治療に従事しました。私がそこで経験した診療は、15〜30分おきに来院される患者さんに合わせ、慌ただしく行う治療でした。

Q:治療が痛いのはなぜ?

麻酔が必要なのに、麻酔をする時間がない。

麻酔処置には時間がかかるため、予約が混雑していると、麻酔を行う時間がとれません。
患者さんが痛みを訴えているにもかかわらず、『あと、少しですから我慢してください』と治療を続行し、患者さんに苦痛を与えてしまいます。その時間は、患者さんからすると、とても長い時間ですよね。

現在、当院では無痛歯科治療の分野においてよく紹介されている静脈内鎮静法も行っておりますが、患者さんの恐怖心がとれれば、普通の麻酔で十分対処できます
静脈内鎮静法は一つのアイテムであり、十分な時間を確保、治療にあたることが、無痛歯科治療に一番必要な条件です

過去の歯の治療で受けたトラウマは中々消えるものではありません。
痛くない治療を受け続けられ、その担当医への信頼、安心感を持っていただけた時、歯科治療恐怖症から解放されるのです。

自由が丘デンタルケアの治療のすすめ方
自由が丘デンタルケアでは、一日に何人もの患者さんの治療は行えません。
それは、痛みのない精密な診療を進めて行く上で、必要な時間をしっかり確保しているからです。

当院では、全ての診療を保険診療の範囲で行う事はできません。
繰り返しになりますが、一日に多くの患者さんを診療するスタイルでは、痛みのない精度の高い治療を実践することが出来ないからです。

2015100618571195620151006185711114

写真【治療前】のようなクラウン(差し歯)を見た事ありませんか?これはかぶせ物の材料の問題ではなく、治療の精度の問題です。

そして写真【治療後】が、当院で再治療したものです。

『削り方』、 『型取りの精度』、『歯科技工士さんの腕』、

これらがそろって、はじめて、調和したクラウンを装着することが可能になります。

ゆとりある診療環境構築、本当に大切です。

あ、こんな歯医者探してた!!と共感された方、どうぞ当院をご利用いただければと思います。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談