痛くない歯科 自由が丘デンタルケア 駐車場あり
9:00~18:00(月~金)
9:00~17:00(土)
休診

医院前
駐車場
あり

医院前駐車場あり

子供の虫歯予防のためにできる3つのこと

子供の虫歯予防のためにできる3つのこと

子供の虫歯予防で大切なことは、①ミュータンス菌の感染を防ぐこと
②砂糖をとる量をコントロールすること ③歯の質を強化すること
 です。

①ミュータンス菌の感染を防ぐ

ミュータンス菌は、生まれたばかりの赤ちゃんの口の中には存在しない細菌です。

しかし奥歯が生える1歳6ヶ月頃から、周囲の大人の唾液を介してもたらされ、

数が多いほど虫歯になりやすいと言われています。

特に糖分をとる機会が増える1歳6ヶ月から、子供の歯がすべて生えそろう2歳7ヶ月頃まで

一番感染しやすい時期ですので、注意が必要です。

ミュータンス菌の感染を防ぐためには、まず一番身近なお母さん・お父さんのお口の環境を整え、

菌の数を減らしておくことが大切です。

日常でできることとして、なるべく親の唾液が子供の口の中に入らないようにする工夫が必要です。

例えば食べ物の口移しや、箸を親子で共有することは控えましょう。

②親子で砂糖をとる量をコントロールしよう

虫歯の原因菌であるミュータンス菌は砂糖を頻繁に摂取すると、歯の表面へくっつきやすくなります。
そこで仕上げ磨きがきちんと行われないと、この歯の表面にくっついたミュータンス菌が
そのまま定着し、最悪の場合、治療が必要な虫歯にまで発展してしまいます。

逆にいうと、親子で砂糖をとる量をコントロールして、保護者が毎日の
仕上げ磨きをきちんと行っていれば、虫歯は防げるということになります。

「親子で」砂糖をコントロールする理由ですが、保護者が頻繁に砂糖をとっている場合、すでに歯の表面へ

ミュータンス菌が数多く存在している状態となります。それが大人の口を介してお子さんの口へ広がり、定着します。

その時に仕上げ磨きがしっかりできていないと、虫歯になる可能生が高いという訳です。

またお子さんの状態やご両親の事情などで、仕上げ磨きを十分に行うことが難しい場合もあります。

定期的な歯科医院でのクリーニングが、歯の表面に定着した菌を取り除く効果がありますので上手に利用したいですね。

③歯の質を強くする

歯の質を強くするために取り入れたいのがフッ素です。

フッ素は歯の質を強化し、虫歯になりにくい丈夫な歯を作る手助けをしてくれます。
また再石灰化を促進したり、歯垢(プラーク)の中にも作用し、歯を溶かす酸が
作られるのを抑える働きがあります。

歯にフッ素を取り込む方法は3つあります。

⑴歯科医院での高濃度フッ素塗布
⑵ご家庭でのフッ素洗口 
⑶フッ素入り歯磨き粉の使用

⑴歯科医院での高濃度フッ素塗布

歯科医院で行うフッ素塗布は、ご家庭で行うフッ素洗口液や歯磨き粉より
フッ素濃度が高いものを使います。お子様の場合、生えた直後の歯に塗布する
のがもっとも効果的と言われています。
歯が生えてから2〜3年は特に虫歯になるリスクが高いので、定期検診も兼ねて
少なくとも6ヶ月に1回は塗布するのが理想です。

⑵ご家庭でのフッ素洗口

ブクブクうがいができる様になる4才以降のお子様から14才くらいまでの中学生や、
虫歯のリスクが高い大人の方にもおすすめしたいのがフッ素洗口(フッ化ナトリウム溶液)です。
フッ素洗口は、特に生え始めた永久歯の虫歯予防に効果的です。
ブクブクうがいのできる4才位からフッ素洗口を始めることで、セルフケアの習慣を身につける
良い機会にもなります。

フッ素洗口には、週1回行う「週1回法」と毎日行う「毎日法」があります。
どちらも効果に差はありませんが、それぞれ濃度が違うフッ素溶液を使います。
溶液は口に含んだら30秒〜1分洗口した後、吐き出します。
その後、うがいは行わず飲食も控えます。就寝前に行うことをおすすめします。

⑶フッ素入り歯磨き粉の使用

生後6ヶ月位に乳歯が生え始めてから、また大人になっても使い続けていきたいのが
フッ素入り歯磨き粉です。

厚生省が推奨するフッ素入り歯磨き粉の使用法は以下の通りです。
(イエテボリ法を日本人向けにアレンジしたもの)

①年齢に応じた量のフッ素入り歯磨き粉をつける
②歯磨き粉を歯全体に広げる
③2〜3分泡立ちを保つ様に磨く
④歯磨き粉を吐き出す
⑤10〜15mlの水を口に含み、5秒程度ブクブクうがいをする
⑥うがいは1回だけ行う
★1〜2時間程度、飲食を控える。

子供の虫歯予防のためにできる3つのことをご紹介してきましたが、
いかがでしたでしょうか?
お子様の年齢が何歳であっても、歯は食べることに直結する大切な組織
ですので、今できることから始めていきましょう。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談