歯の神経をとることのリスクは?

歯の神経をとることのリスクは?

むし歯が進行した場合、歯の神経を処置する根管治療が必要になる場合がありますが、当院では、かなり進行したむし歯でも、安易に神経の処置は行わず、神経を温存した状態で治療が完結するよう努力しています。

それは、神経を処置すると、歯への血液供給が絶たれ、生体の免疫応答が行われなくなってしまい、我々歯科医師が、根管内の感染源を除去し、再感染を防がなければならなくなるのです。つまり、血液の供給がなくなることが、一番の問題なんです。

日本では、安易に神経をとってしまう傾向にありますが、歯への血液供給があるかないかは、歯の寿命にかかわる大きな問題です。

根管治療に使用する器具

出来れば使いたくないですね。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談