上顎洞挙上術(クレスタルサイナスリフト)

上顎洞挙上術(クレスタルサイナスリフト)

上顎の奥にインプラントを埋め込む場合、骨の厚み不足により、骨を造るケースがある。年々その術式にも変化が生じ、それは、患者さんの負担を減らすものになっている。骨の横側に窓を開けて行う術式は、術者が直視しながら十分な量の骨幅を造ることができるが、術後の腫れなど、患者さんの負担が大きい。
最近、当院では、骨の頂上から行う方法で、骨の造成を行っている。以前は、既存骨の高さが5~6mm 程度ないと難しい術式であったが、色々と工夫をしながら、既存骨が薄くても可能なケースが多くなってきた。この方法なら、患者さんの術後の疲労感は最小限に抑えられる。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談