痛くない歯科 自由が丘デンタルケア 駐車場あり
9:00~18:00(月~金)
9:00~17:00(土)
休診

医院前
駐車場
あり

医院前駐車場あり

知っておきたい3つの歯みがきポイント

知っておきたい3つの歯みがきポイント

虫歯や歯周病予防のために、知っておきたい3つの歯みがきポイント
をご紹介します。

【ポイント①】歯と歯の間

歯と歯の間はプラークが残りやすく、虫歯や歯周病が発生しやすい場所です。
歯ブラシでしっかり磨いたつもりでも、フロスや歯間ブラシを使って
みると意外とプラーク(白いフワフワしたものです!)が残っていた・・・
なんていう経験がある方も多いのではないでしょうか。

歯と歯の間のプラークを取り除くには、歯ブラシに加えてフロスや歯間ブラシが効果的です。

歯と歯の間のサイズに応じて、どちらかあるいは両方を使うことを
おすすめします。

何を選んでいいかよくわからない場合は、かかりつけの歯科医や歯科
衛生士に聞いてみましょう。

【ポイント②】歯と歯茎の境目

例えば⬆︎このように歯と歯茎の境目に厚くプラークがついていることがあります。

⬆︎下の歯の裏側もプラークが厚く残りやすい場所です。

⬆︎奥歯の一番奥の歯と歯茎の境目も歯ブラシが届きにくい場所です。
ここのプラークを落とす為に、ワンタフトタイプの歯ブラシ⬇︎がおすすめです。

【ポイント③】奥歯の溝

⬆︎奥歯の溝部分は、特にお子さんの場合、虫歯のリスクが高い場所です。
チョコやクッキーを噛むと必ず入る所・・・
大人の方も、噛み合わせる歯がなかったりするとここにプラークがたまり
やすい傾向にあります。

溝の部分に付着したプラークは歯ブラシ、もしくはワンタフトブラシで落とせます。

もし奥歯の溝の部分が茶色く着色している場合、お茶などの外因性の着色の場合もありますが初期段階の虫歯の可能性もあります。
毎日のブラッシングを注意して行うことと、定期的に虫歯が進行していないかチェックしてもらうことが大切です。

3つの歯みがきポイントは、磨き残しができやすい場所でもあります。
毎日、無意識的に‘なんとなく’歯を磨くのではなく、自分の口の中でどこに磨き残しが
できやすいのか‘意識的に’磨けるようになるといいですね。

お電話でのご予約・お問い合わせはこちら

メールでのご予約はこちら

診療予約

治療に関するお悩み・ご相談はこちら

無料メール相談